注意事項:ウェブサイトは予約購入して、1日以内、当店の連絡する情況を得ていないで、メールボックスを替えて連絡を下さい

ご来店頂きまして誠にありがとうございます。弊社はスーパーコピがとうございま

商品カテゴリ

連絡私達

TAG

 



      国際スピード郵便

  



           
佐川急便




ホーム > 腕時計(watch) > ルイヴィトン(Louis Vuitto) > ルイヴィトン(Louis Vuitto)

ブランドヒストリー

ラグジュアリーブランドとして不動の人気を築いているルイ・ヴィトン。ブランド としての歴史は1854年に同氏が世界で初めての旅行鞄専門店をフランス・パリ市に創業したことに端を発する。1867年のパリ万博でメダルを受賞し、一 躍、各国の王族からトランクの受注を受けるようになり、その名を広めた。ルイが亡くなる1892年にはハンドバッグも展開するようになり、その後は息子で あるジョルジュ・ヴィトンが「ダミエ」や「モノグラム」を発表し、現在まで続く快進撃の礎を築くことになる。腕時計の製造に本格参入したのは1987年に モエ・ヘネシーと共に「LVMH(ルイ・ヴィトン、モエ、ヘネシーの頭文字)グループ」を組織しタグ・ホイヤー等、数々の時計ブランドも傘下に収めなが ら、スイスの有名時計生産地であるラ・ショー・ド・フォンに自社工場”オルロジェ ルイ・ヴィトン”を設立。そして2002年、満を持してヴィトン初の「タンブール」ウォッチを発売した。特徴的なドラム型ケースの周囲には”LOUIS VUITTON”の文字が刻まれ、裏蓋にもモノグラム柄を配し、往年のヴィトンファンをも感心させる名作となった。当初のムーブメントには、同グループ傘 下・ゼニス社の名機「エル・プリメロ」を搭載していたが、2009年には自社ムーブメントも開発しマニュファクチュール化を達成。現在ではミニッツリピー ターやトゥールビヨン等の複雑機構を搭載したハイスペックモデルもリリースするなど、時計の分野においても僅か十数年で飛躍的な発展を遂げている。


ルイヴィトン(Louis Vuitto)
表示形式:  
  1 (全 36件)